花蔵メディカルクリニック
完全予約制
お気軽にお電話ください
048-564-8790 受付時間 / 10:00~13:00、14:00~18:00 (月曜・金曜休診)

二重切開法ならRYAN式1day全切開

二重切開法の「RYAN式1day全切開」の紹介ページです。

まず、二重整形の全切開法とは、二重切開法の中でもくっきりと力強い二重が形成できる方法です。
まぶたの脂肪除去も行いますので、まぶたが重く腫れぼったく見える方には特におすすめしています。
しかし、一般的に内出血や腫れが大きくなる治療の為、手術に不安を感じる方やダウンタイムが取れないから難しいといったお声をよく聞きます。
そんな方におすすめしたいのが、「RYAN式1day全切開」です。

RYAN式1day全切開とは、二重職人とも言われる花蔵メディカルクリニックの梁院長が開発したオリジナルの手術方法です。
圧倒的に腫れを少なくすることができる為、患者様からだけではなく美容外科の医師からも「全切開にも関わらず内出血にならない、腫れが少なくて驚いた」とのお言葉を頂いております。

腫れが少ないのは、患者様の術後の生活に有利であることはもちろんですが、綺麗な二重のラインを作る上でもとても大切です。
なぜなら、全切開手術で腫れて伸びてしまった皮膚を二重のラインで固定すると、腫れが引いた時に二重のラインより下の皮膚がたるんでしまう為、術後しばらく経つと眠たそうな二重になってしまうからです。
全切開の手術後にそうならないためには、腫れは少なければ少ないほど良いということになります。

 

また、目を開けた時だけ美しいラインでもいけません。目を閉じた時にも傷跡が目立たないことが重要です。
特に男性の場合には、基本的にはメイクをしない為、傷跡に対してよりシビアになります。
一般的に、二重整形の全切開を行う場合、完成するまでに6ヶ月前後を要するとされていますが、RYAN式1day全切開では、手術後1ヶ月でくっきりとした二重まぶたが完成します。
単純計算で6倍腫れない、6倍早く綺麗な二重が作れると言えるのではないでしょうか。

症例写真

こちらは、RYAN式1day全切開を行った患者様の症例写真です。
右目の三重瞼を解消し、左まぶたを右まぶたの幅と揃えています。

【Before】
二重切開前写真

 

【After】
術後1週間、抜糸時の写真です。
二重切開後

 

【比較】
上:Before
下:After
二重切開法比較
1週間でほぼ腫れが見えないので一見何もしていないようですが、両目とも切開をしています。
とても自然な仕上がりになっているのではないでしょうか。

 

施術データ

【施術名】RYAN式1day全切開
【ダウンタイム】1週間~2週間程度
【メリット】通常の全切開法よりも腫れをかなり抑えることができ、短期間で半永久的に綺麗な二重にすることができます。また、目を閉じた時の傷も目立たないようになります。
【デメリット】内出血なく腫れをかなり少なく抑えることができる治療法ですが、腫れがゼロではありませんので予めご了承ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
RYAN式1day全切開では、腫れが極力少ないように治療を行えるという強みがあります。
《デザイン(手術設計)技術》+《腫れない技術》+《美しい二重ラインを作製する技術》+《傷跡を目立たないようにする技術》
どれも欠けてはいけない技術であり、患者さんの術後の人生がかかっているので、患者さんにもドクターにも覚悟のいる手術です。
全切開したいけど、正直とても不安…。すごく痛いんじゃない?内出血で青く腫れるんじゃ…。本当に希望通りのラインになるの?という方も、一人で悩まずに、是非無料カウンセリングにおいでください。
当院には埼玉県だけでなく、栃木、千葉、東京といった関東圏、遠くは名古屋からも患者さんがいらっしゃいますが、カウンセリングでは、皆さまのお悩みに梁院長が直接お答えしています。

モニター募集

現在、RYAN式1day全切開のモニターを募集しています。
ご興味のある方はクリニックまでお気軽にお問合せください。
お話を聞いてみてからモニターになるか決めたい、という場合でも大歓迎です。

同じカテゴリーの施術

同じ施術カテゴリーの質問を探す

花蔵メディカルクリニック
完全予約制
お気軽にお電話ください
048-564-8790
048-564-8790
受付時間 / 10:00~13:00、14:00〜18:00 (月曜・金曜休診)
女性
Face book

facebookではフォローしていただいた
方限定お得なキャンペーンを発信中

Instagram

Instagramでは、院長やスタッフの日常が
満載!ぜひフォローお願いします

Twitter

お気軽にフォローお願いいたします。
ご相談ご質問にもできるだけ
お答えしようと思います。

無料メール 無料カウンセリング予約 ページ上部へ