花蔵メディカルクリニック
完全予約制
お気軽にお電話ください
048-564-8790 受付時間 / 10:00~13:00、14:00~18:00 (月曜・金曜休診)
シミ・肝斑|埼玉の美容外科 – 花蔵メディカルクリニックの施術について

シミ・肝斑|埼玉の美容外科 – 花蔵メディカルクリニック

シミ、肝斑の美容施術について

シミ(しみ)の出現は、肌の老化を表すサインです。
紫外線を浴びることにより皮膚がダメージを受け、メラニンが過剰に溜まってしまうことによりシミ(しみ)ができてしまいます。
その他、精神的なストレス、肌に合わない化粧品が原因でシミ(しみ)ができることもあります。

大きなシミも1度で完了!

当クリニックでは、シミ・色素性疾患治療レーザーとして最も強力なQスイッチルビーレーザーを採用しています。

しみとは

シミ(しみ)とは、メラニンが表皮の一部にたまってしまった状態です。
シミ(しみ)の出現は肌の老化を表すサインです。紫外線を浴びることにより、皮膚がダメージを受け、メラニンが過剰にたまってしまうことにより、シミ(しみ)ができてしまいます。その他、精神的なストレス、肌に合わない化粧品が原因でシミ(しみ)ができることもあります。

あなたのしみの種類は?

老人性色素斑(一般的なシミ)

加齢に伴い、主に日光の当たる部位にできる輪郭のはっきりした茶色いしみです。
レーザー治療が効果的です。薄いものや膨らみがないものは、トレチノイン療法もお勧めです。

そばかす

両ほほ、まぶた、鼻の上にできる薄茶の細かい斑点。遺伝性があります。
トレチノイン療法、フォトブライト、レーザー治療(Qスイッチルビー)の、どの治療にもよく反応して治りやすいしみです。ただし、再発のコントロールをする必要があります。

あざ

太田母斑は、頬・まぶた・額など(多くは片側)に生じる青から灰褐色調の母斑で、種々の深さに色素細胞が散在沈着したアザです。出生時からすでにある場合と思春期前後から次第に色が出てくる場合があります。

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着とは、傷や火傷などの炎症の後にできる色素沈着です。

Qスイッチレーザーの特徴・効果

当院で使用しているのは、シミ治療に最適なQスイッチレーザーです。
お肌の表面にあるメラニン(シミ)を破壊して皮膚をはがして浮かせ、かさぶたにして取り除きます。
シミに限らずニキビ跡などいろいろな色素沈着に効果があります。
老人性色素斑(紫外線によるシミ)や雀斑(そばかす)などには特に効果があるので、シミ・そばかすでお悩みの方はぜひQスイッチレーザーをご検討ください。

メラニン色素のみを治療。

1回の治療で大きな効果を生み出します。
レーザーをあててしまうと逆に濃くなってしまう「肝斑」と呼ばれるしみを除き、ほとんどのしみやそばかす、真皮層にある青黒いアザの治療などが可能なQスイッチルビーレーザーは、皮膚へのダメージが少なく、治療にかかる回数や、しみがなくなるまでの期間が短いことが特長です。ルビーレーザーの光は、メラニン色素に吸収される性質をもっていて、レーザー照射時にターゲットであるメラニン色素のみに反応して、メラニン色素の沈着を破壊・分解します。分解された色素沈着は、ターンオーバーによって排出されて、施術後4週間程度でシミが目立たなくなります。

肝斑(かんぱん)

両ほほ頬、両方の額、上唇など左右対称に広がる濃いくすみ。女性ホルモンなどが関与すると考えられており、妊娠やピルの内服、さらには日光照射などで色が濃くなります。
肝斑へのレーザー照射は、逆に色が濃くなったり、まだらになる場合があります。肝斑にはアクシダーム(ハイドロキノン+トラネキサム酸)+点滴治療+内服+漢方薬、などのトリプルアクション肝斑治療法を行い、残りそうな色素斑(高さがあるもの、深くまであるもの)に対しては、適宜、電気凝固、レーザー治療(Qスイッチルビー)などを行います。

肝斑(かんぱん)とは

日本人のシミの悩みのうち、3人に1人は肝斑(かんぱん)だいわれます。
シミの治療というと一般的にはレーザーを照射するというイメージがありますが、この肝斑(かんぱん)に関しては、一般的なシミ取りレーザーは有効ではありません。
シミ取りレーザーを使用した場合、一時的ではありますがとても濃い色素沈着を残してしまうこともあるため、注意が必要です。
従来から肝斑(かんぱん)には薬の内服が有効であるとされていて、最近では肝斑に有効なトラネキサム酸内服薬も市販されています。確かに内服薬は有効であり、これだけで肝斑(かんぱん)が軽快する場合もあります。ただし、そうでない場合も多く、潔く諦めるというのがスタンダードでありました。

花蔵のこだわり(トリプルアクション肝斑治療法)

花蔵では、肝斑に悩む患者様が非常に多い為、試行錯誤を繰り返しながら様々な治療方法を研究してまいりました。その結果、薬の内服だけではく、様々な治療を組み合わせて行うことで、とても良い治療成績を得ています。ただし、やはり他のシミに比べると時間もかかり、非常に手間のかかる厄介なシミであることに違いはありません。治療の基本は溜まってしまったメラニン色素の排出を促し、新たなメラニン色素の生成を抑えて、色素沈着の少ない皮膚に置き換えていくことです。

同じカテゴリーの施術

同じ施術カテゴリーの質問を探す

花蔵メディカルクリニック
完全予約制
お気軽にお電話ください
048-564-8790
048-564-8790
受付時間 / 10:00~13:00、14:00〜18:00 (月曜・金曜休診)
女性
Face book

facebookではフォローしていただいた
方限定お得なキャンペーンを発信中

Instagram

Instagramでは、院長やスタッフの日常が
満載!ぜひフォローお願いします

Twitter

お気軽にフォローお願いいたします。
ご相談ご質問にもできるだけ
お答えしようと思います。

無料メール 無料カウンセリング予約 ページ上部へ