埼玉の二重切開法

花蔵メディカルクリニック
完全予約制
お気軽にお電話ください
048-564-8790 受付時間 / 10:00~13:00、14:00~18:00 (月曜・金曜休診)
二重切開法の施術について

二重切開法とは

二重切開法とは、まぶたをメスで切開して二重にする方法です。

二重切開法とは

効果は半永久的で、もとに戻ることは基本的にはありません。
まぶたの皮膚をメスで切開し、余分な筋肉(眼輪筋)と脂肪(ROOF & 眼窩脂肪)を除去して縫合し、皮膚の中に糸を残さず、癒着で二重まぶたを作ります。脂肪を取り除き皮下組織を薄くしてから、まぶたを翻転眼窩隔膜縫合にすることで、わざとらしくない、自然で美しい二重のラインを作っていきます。

一般的に、埋没法よりも手術にかかる費用は大きいですが、どんな埋没法も必ず糸が切れる時がくるため、長期的には切開法の方がコストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。
埋没法ではすぐに戻ってしまうという方や、幅は狭くてもパッチリした二重まぶたにしたい方、厚いタイプのまぶたの方には特におすすめの手術法です。

また、花蔵メディカルクリニックにおいては、当院の梁院長オリジナルの「RYAN式1day全切開」という切開法があります。
切開法のデメリットであるダウンタイム(腫れ)が、埋没法と同等という驚きの切開法です。その腫れの少なさから「1day」という名前が付いております。

こちらのページで詳しく解説していますので、ご興味のある方はぜひご覧になってください。

二重切開法のメリット・デメリット

二重切開法のメリットとデメリットについて解説していきます。

二重切開法のメリット

  • 効果が半永久的に持続する
  • 埋没法が適していないまぶたでも施術ができる

効果が半永久的に持続する

糸で留める二重埋没法は、必ずいつか糸が切れてしまいます。たまに、「もとに戻らない二重埋没法」という文言を見かける時がありますが、医学的な根拠はありませんので注意が必要です。
それに対し二重切開法は、半永久的に二重まぶたにすることができます。
(*「永久的」という断定的な表現は医学的にできない為、「半永久的」と表現していますが、限りなく永久的に近く二重にすることができます)

埋没法が適していないまぶたでも施術ができる

埋没法はまぶたを糸で留める手術の為、まぶたの脂肪が厚い方や眼瞼下垂でまぶたが開きにくい方はすぐ取れてしまったり、手術自体が出来ない場合があります。切開法はまぶたの脂肪(ROOF & 眼窩脂肪)も同時に除去することが可能な手術なので、埋没法をあきらめた方でも二重まぶたを手に入れることができます。元々二重まぶたの方も「腫れぼったい」or「眠そう」なまぶたをスッキリとさせ、綺麗な二重がよりはっきりとするようになります。
まぶたの脂肪除去については、実際にクリニックに行くと追加料金を取られてトラブルになるケースもあると聞きます。
当院では、施術について全て込みでの金額をカウンセリング時にご案内しておりますのでご安心ください。

二重切開法のデメリット

  • 二重埋没法よりも費用が掛かる
  • 手術後に元に戻すのが困難
  • ダウンタイムが長い

二重埋没法よりも費用が掛かる

長期的に考えると、半永久的に二重になれる切開法の方がコストパフォーマンスが良いですが、一度の手術にかかる費用は埋没法に比べて高額です。
一般的に埋没法は8万円~30万円ほどが相場です。
(*極端に安い埋没法施術は注意が必要です。担当医師の経験が少ないなど、安いには安いなりの理由が考えられます)
二重切開法は25万円~50万円ほどが相場です。
料金の幅が大きいのは、患者様のまぶたの状態によって必要な作業が異なる為、また、担当する医師の技術力がものを言う手術の為、その技術料としても変わってきます。

手術後に元に戻すのが困難

埋没法はデザインが気に入らなかったり違和感を感じたときには糸を抜いてもとに戻すことが可能ですが、切開法は半永久的に効果が持続するものなので、一度手術をすると、基本的には元に戻すことができません。
絶対にもとに戻すことができないわけではありませんが、手術後にもとに戻す手術にはかなり高い技術力を要します。
全国には当院の梁院長のように修正手術が可能な医師もいますが、修正手術自体がかなりのリスクのある手術の為、基本的には修正できないものと考えた方が良いでしょう。

ダウンタイムが長い

埋没法のダウンタイムは数日程度ですが、メスを入れる切開法のダウンタイムは長く、腫れや内出血が引くまでに数週間かかります。さらにその後は、状態が定着するまでに数か月~半年ほどかかる場合があります。その為、二重にしたのが周囲にバレやすくなってしまうと言えるでしょう。
ちなみに、梁院長が開発した「1day全切開法」は、この切開法のダウンタイムが長いというデメリットを解消した切開法です。埋没法と同じくらいの腫れで半永久的な二重まぶたにできるので、1day全切開法であれば切開法のダウンタイムが長いというデメリットは無くなります。

二重まぶたの構造と手術方法

構造と手術方法まぶたには「上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)」という筋肉があり、脳からの目を開く指令に伴って、まぶたを開く役割をしています。
上眼瞼挙筋は、上まぶたの皮膚のところで枝分かれし、瞼板という組織と皮膚につながっています。
この上眼検挙筋の枝分かれの構造の違いが、一重まぶたと二重まぶたの差です。
二重まぶたの人は、皮膚への枝分かれ部分が同時に引っ張られるとまぶたの上部分の皮膚も全体的に引っ張られて、二重まぶたができます。
これが一重まぶたの人は、皮膚部分につながっていない、あるいはつながりが弱いために引っ張られない、もしくはつながっていてもまぶたの皮下脂肪が多いと皮膚を持ち上げきれずにいるため、二重まぶたの状態にならないと考えられています。

小切開法・部分切開法

二重の小切開法・部分切開法とは、まぶたの中心部分から約2cm程度切開して二重を作る方法です。

傷も小さく済むので切開法のなかではダウンタイムも比較的短めです。まぶたの厚みが少なく、一重でも黒目がハッキリ出ている方(=眼瞼下垂ではない)方はこちらの手術でも二重ができます。
デメリットは、傷の長さに一致して短く深いくぼみができることです。このことをご存じない方が多いのですが、短い傷で頑張って二重を作るため、全切開よりも傷は短いですが、くぼみが強く、結果として全切開よりも傷が目立ちます。また、加齢によって二重のラインがゆがみ、まぶたの幅が狭くなったりする可能性があります。

全切開法

二重全切開法とは、術前にデザインしたラインに沿ってまぶたの端から端までを約4cm切開して二重を作る方法です。

小切開法より、傷の凹みが目立たず、自然な二重瞼を作ることができます。全切開法では、より多くの脂肪を偏りなく均等に除去できますので、まぶたのたるみや厚みも解消できます。また、眼瞼下垂の手術(目を開ける筋肉が緩んでいて目が開けにくいのを、筋肉を留め直して目をパッチリ開く手術)も同時に行うことで、瞳を大きく見せることが可能です。
デメリットは、一般的には小切開法と比較するとダウンタイムが長めになることです。

RYAN式1day全切開

RYAN式1day全切開とは、梁院長が開発した二重切開法になります。

一般的な二重の全切開法は、先述の通り二重切開法の中でもくっきりと力強い二重にでき、まぶたの脂肪除去も行いますので、まぶたが重く腫れぼったく見える方にもおすすめの手術方法です。
しかし、その分、内出血や腫れが大きくなる為、ダウンタイムが取れないから難しいといったお声をよく聞きます。

それに対し、RYAN式1day全切開は、全切開二重職人とも言われる花蔵メディカルクリニックの梁院長が開発した全切開法のデメリットを無くした手術方法です。
圧倒的に腫れを少なくすることができる為、患者様だけでなく美容外科の医師からも「全切開にも関わらず真っ青にならない、腫れが少なくて驚いた」とのお言葉を頂いております。
具体的には、二重全切開法に関わらず真っ青になることなく、腫れも二重埋没法以下に抑えることができます。

RYAN式1day全切開

腫れが少ないのは、通常メスで切ってしまう0.5mm程度の毛細血管に加えて、さらに細い0.2mm以下の血管も全て処理をしているからです。それには誰も真似できない高度な技術力を要する為、梁院長が不在の場合にはご予約をお受けできない手術となっております。またお受けできるのは1日に2件までとさせていただいております。その理由として、この手術はご想像の通りとてつもない集中力を要します。1件の手術でとてつもない集中力を消費するため、午前と午後で1件ずつしかお受けしていません。ご予約が取りにくくお待たせして申し訳ありませんが、一人一人に命を削って手術するという信念のためご了承くださいませ。
また、目を開けた時だけ美しいラインでもいけません。目を閉じた時にも傷跡が目立たないことが重要です。
一般的に、二重整形の全切開を行う場合、完成するまでに6ヶ月前後を要するとされていますが、RYAN式1day全切開では、手術後1ヶ月で二重まぶたが完成します。

二重切開法まとめ

切開法まとめ

二重整形において、《デザイン技術(手術設計)》+《腫れない技術》+《美しい二重ラインを作製する技術》+《傷跡を目立たないようにする技術》
これらはどれも欠けてはいけない技術であり、患者さんの術後の人生がかかっていますので、目元の手術の中でも特に全切開は、患者様にもドクターにも覚悟のいる手術です。
全切開したいけど、正直とても不安…。すごく痛いんじゃない?内出血で青くパンパンに腫れるんじゃ…。本当に希望通りのラインになるの?という方も、一人で悩まずに、是非無料カウンセリングにおいでください。
どういった手術の方法が効果的なのかは、まぶたの状態や希望する二重のラインによります。どんな二重まぶたになりたいのかを明確にお伝えいただき、時間をかけてカウンセリングをして決めていきましょう。

当院には埼玉県だけでなく、栃木、群馬、茨城、神奈川、千葉、東京といった関東圏、遠くは北海道や九州からもRYAN式1day全切開を受ける為に患者さんがいらっしゃいます。当院でなくとも、「このドクターにお願いしたい」と思える医師に出会えるまで、じっくりクリニック選びをされることをおすすめします。

症例写真については、Instagramで随時ご紹介をしております。
写真だけでなく、よりわかりやすい動画でもご紹介しておりますので、ぜひそちらもご覧くださいませ。

同じカテゴリーの施術

花蔵メディカルクリニック
完全予約制
お気軽にお電話ください
048-564-8790
048-564-8790
受付時間 / 10:00~13:00、14:00~18:00 (月曜・金曜休診)
女性
Face book

facebookではフォローしていただいた
方限定お得なキャンペーンを発信中

Instagram

Instagramでは、院長やスタッフの日常が
満載!ぜひフォローお願いします

Twitter

お気軽にフォローお願いいたします。
ご相談ご質問にもできるだけ
お答えしようと思います。

無料メール 無料カウンセリング予約 ページ上部へ